SFAM

“スマート菌類関連アドバイス モデル。”
phytosanitaires

植物保護製品の大量使用は、社会的な課題となっています。農業セクターでは、世界中で数十億ドルもの資金が化学薬品による菌類との戦いに費やされています。これらの取り組みもむなしく、菌類は生産者の利益に大きな悪影響を及ぼしています。さらには、これらの薬品の使用は人間や動物にとって有害です。

これらの薬品は通常、メーカーが定めた標準的な用法に従って散布されます。ただし、これでは成功は保証されません。菌類はその時点での気候条件に応じて増殖します。まったく同じ条件の時期は一つとしてないため、菌類の増殖の仕方は時期ごとに変化します。

近年、知識と技術が急速に発展したことで、現行の菌類対策助言サービスの使いやすさと正確さを高めることができるようになりました。これには、地理的技術、多側面画像(衛星画像、航空写真、トラクター センサーなど)、大幅に改良された気象モデル、データ解析、公衆データ セットなどが含まれます。

この知識を入手し、これらのイノベーションを周囲の環境に導入することで、現在のユーザーの敷居をなくし、現在世界的にも最先端に立っているモデルの地位を維持することができます。


dacom SNN

Partners

Dacom Farm Intelligence, InFabula, Zageo