灌漑管理

“Dacom Irrigation Management の国際化と刷新。”
agricoles

Dacom の助言サービスの効果は、特に生産者の間で 25 年以上にわたって実証されています。現在のサービス プラットフォームは Windows ベースとなっています。そこで Dacom はインターネットを駆使してこの状況を打破するべく、オンラインおよびモバイル技術に対応できるよう助言サービスを刷新するためのプロジェクトを立ち上げました。海外の市場に進出するためには、ハードウェア/ソフトウェアと通信の双方において重大なイノベーションが必要です。

プロジェクトの成果:

1.32 台のプロトタイプ DSG(Dacom センサー ゲートウェイ)が、農場から送られたデータを保存し、複数の国際的な通信プロトコルを介してインターネットに送信することに成功。

2.32 台の土壌水分センサーの筐体が大幅に改良されたことで、さまざまな長さを持つ海外の作物の品種に対応。

3. プロトタイプ ソフトウェアにより、測定情報をクラウド データベースおよびオンラインに保存し、モバイルを介してアクセスすることを実現。

4. いくつかの大陸で以下のプロトタイプ 1、2、3 を組み合わせた実地試験を行い、結果を取得。


dacom SNN